試用バージョン:0.2
公式配布ページ:https://chrome.google.com/extensions/detail/bgilpachmloimelohcimoljjgengbgop

TwitterホームページだけでTwitterを楽しもうとすると、機能が足りず、不満に感じる人は多いのではないかと思います。それを改善するため、Twitterホームページに便利な機能を複数追加する「pbtweet」と言う、ブックマークレットおよび拡張機能(またはUser JavaScript)があります。この「pbtweet」を元にしたと思われるエクステンションが、今回紹介する「PBTweet+」です。 追加される主な機能は、以下の通りです。
  • TLの自動アップデート(更新)機能
  • ページ最下部に到達すると古いメッセージを自動更新。
  • QT機能 ※1 に対応
  • ツイート翻訳機能
  • 文字の大きさの変更 ※2
  • 画像のサムネイル表示
  • ジオタグの場所をGoogle マップで表示 ※3
  • 新しいツイートおよびReply、ダイレクトメッセージなどの未読数を表示。
  • Replyのポップアップ通知
  • 短縮URLの展開
  • Bit.lyを使ったURLの自動短縮機能
  • Replyのつながりのインライン表示 ※4
※1.いわゆる「非公式RT機能」。実行するには各ツイート右下に表示されるメニュー、「RT」・「via」・「Reply All」のいずれかをクリック。
※2.韓国語のみ対応。
※3.ジオタグを有効にした人のツイートのみ。なおジオタグを有効にするには、Twitter設定画面の「Enable geotagging」にチェックを入れます。またデフォルトでは、ジオタグはオフ(表示されない)になっています。
※4.Replyのインライン表示とは、例えば『○○○』と言うユーザーが『△△△』と言うユーザーに対し「@△△△ その件は・・・」と言うようなツイートを実行した場合、先のツイート以前にユーザー『△△△』がユーザー「○○○」に対し行ったReplyが表示される機能です。こうする事で2人のユーザーのツイートのやり取りを、明瞭にする事ができます。

以下の画像は、このエクステンションを有効にした時のTwitterホームページのスクリーンショットです。
まず見てもらうとすぐに分かると思いますが、ツイートを書き込むテキストエリアや、右上に表示される広告がなくなります。

Chromeエクステンション:PBTweet+

では「どのようにして新しいツイートをするのか?」と言うと、普通のツイートの場合は、サイドバーのメニューに追加される「New Tweet」をクリックするか、あるいは左上に表示される「」マークの部分にマウスカーソルを持って行くと表示されるメニューの中から、同じく「New tweet」を選択します。するとポップアップでテキストエリアが表示され、ツイートする事ができます。

New Tweetのポップアップ↓
Chromeエクステンション:PBTweet+(New Tweet、拡大)

「☆」メニュー拡大↓
Chromeエクステンション:PBTweet+(メニュー表示、拡大)

ちなみに一番上のスクリーンショットのツイート右側に表示されている赤枠の画像は、画像左側にあるツイート内に含まれる画像投稿サービスのリンク先の画像の、サムネイル画像です。

以下はその他の機能のスクリーンショットです。

Replyのつながりのインライン表示↓
Chromeエクステンション:PBTweet+(インライン表示)

短縮URLの展開↓
(短縮URL部分をマウスオーバーする事で、展開されます。)
Chromeエクステンション:PBTweet+(URL展開、拡大)

ジオタグで指定されている場所をGoogle マップで表示↓
(「Where?」部分をクリックすると、地図が表示されます。この機能を使えるようにするには、 PBTweet+ の設定画面で「Geotagging View」を「On」にする必要があります。)
Chromeエクステンション:PBTweet+(Geotag、拡大)

Chromeエクステンション:PBTweet+(Geotag)

ちなみにジオタグを試す時は、Twitterホームページの検索ボックスで「geotag」と検索すると、ジオタグ付きのツイートを簡単に見つける事ができます。

なお PBTweet+ の設定画面は、主なエクステンションのようなエクステンション管理画面で「オプション」ボタンをクリックするのではなく、Twitterホームページ最上部に表示される「PBTweet+」と言うメニューをクリックすると、表示されます。以下は設定画面のスクリーンショットです。
(※下の画像は、1つ前のバージョンの設定画面を撮影したものです。)

Chromeエクステンション:PBTweet+(設定、拡大)

最後に使ってみた感想ですが、ユーザーの使い勝手をとてもよく考えて作られており、使い勝手は良いです。(^^)b Good Job! 機能も豊富ですし、ジオタグに対応しているTwitterクライアントはまだ少ないと思うので、この機能を使いたい人にはお薦めです。

ただ他のTwitterクライアントと比較すると、見た目や使い勝手が少し個性的なので、使う人によって"好き"か"嫌い"かが、わりとはっきり分かれるのではないかと思います。


PS:
ちなみに本文最初に書いた「pbtweet」は、Chromeだけでなく、SafariやFirefox、Operaでも使えます。 

mixiチェック